債務整理

借金問題を解決したいと思ったら、一人で悩まずご相談ください。

 

債務整理の手続きの方法には、任意整理 民事再生 破産 があります。
どのような手続きをとるかは、十分ご相談いただいたうえで決定します。

 

任意整理  司法書士が代理人になり個別に借入先と交渉し、借金を減らし(減額になる額は、借りた期間、利息弁済方法等により異なります。)今後無利息で、分割して弁済していくことを和解する手続きです。

 

民事再生  継続反復して収入見込みのある個人が利用でき、裁判所の決定により強制的に債務の一部免除を受け、その後無利息で返済できるという手続きです。破産と異なり家や車などの財産はそのまま残すことができます。

 

破産  経済的に破綻して借金が払えなくなった場合、裁判所が中心となって、不動産など価値のある財産を売却して債権者全員に公平に分配し、自己破産者の借金を事実上ゼロにして再出発の機会を与える、法律で認められた手続きです。

 

他にも要件がありますので詳しくお知りになりたい方は一度お越しください。

  手続き費用の概算  (印紙代等の実費は別)
任意整理 着手金 1社目 3万円
2社目から 2万円
和解金 1社 1万円〜
民事再生 約20〜30万円
破産申立 約20〜30万円
管財事件は、別途予納金が必要です。

 

(注意)

  • 債務整理をすると事故情報が登録機関に登録されるので、新たにお金を借りたりすることが難しくなります。
  • 破産をしても選挙権がなくなることはありません。マイホームや資産価値の高いものは手放すことになりますが、生活用品は残すことができます。破産の原因によっては、免責が受けられないことがあります。